精神科医 転職

精神科医が転職するための手順

 

精神科医の転職はおすすめできます。やりがいのある仕事だからです。治療をした患者が精神的な疾患を克服した時、何ものにも代えがたい喜びがあります。他の診療科目と比べると、精神科医は、治療に時間が掛かることが多いのですが、その分、患者との人間関係を築くことができます。患者が日常生活に戻っていく姿を見ると、精神科医は感無量となり、この診療科を選んで本当に良かったと満足します。精神科医に転職する場合、自身がいかに人間の精神的な部分に興味や関心を持っているかが問われます。そういう人は、仕事として精神的な部分の研究ができるので、やりがいを感じることができます。精神科医は、薬物やアルコールなどの中毒系疾患も取り扱うので、場合によっては、24時間体制で観察しなければいけないこともあります。ただ、心の病を取り扱う診療科なので、外科手術などはありません。精神科医の場合、手術を行うことはないので、比較的安定した環境で働くことができます。そうした点にやりがいを感じて、精神科医に転職する医師は少なくありません。精神科医は、カウンセリングを行いながら患者の気持ちを解析し、患者の性格を考慮しながら、原因を究明していかなくてはなりません。

 

当サイトでは、精神科医が上手に転職するための履歴書、職務経歴書、面接のポイントをご紹介致します。

 

転職時に必須!精神科医履歴書作成のポイント

 

精神科医の履歴書作成のポイントは、まず、正式名称をしっかり記入することです。住所を書くときは、略称で記すのではなく、丁目、番地をちゃんと書き、正式な書き方をしましよう。マンションやアパートに暮らしている場合、マンションやアパート名も記入するようにしないといけません。学歴を記入する時は、大学の学部や学科、専攻名まで細かく記入する必要があります。これは、精神科医だけの問題ではありませんが、意外とこうしたポイントを見落としているケースは多いので、履歴書作成時には注意が必要です。履歴書に記入した内容で書き間違いをしてしまった場合、面倒でも最初から新しい履歴書を作成すべきです。決して、修正液や二重線で消してやり直してはいけません。書き直すのが面倒なら、あらかじめ鉛筆で下書きしておくことです。精神科の履歴書で重視されるのは、志望動機の欄なので、自分の言葉でしっかり書くようにしましょう。履歴書の例文で掲載されているような文章を書くと書類選考の段階で落とされる可能性が高くなるので、志望動機を作成する場合は、病院の運営方針やポリシーをしっかり理解した上で、病院の運営方針をうまく絡めながら志望動機を書くことです。

 

 

転職時に必須!精神科医職務経歴書作成のポイント

 

精神科医の職務経歴書は、転職にあたって先生自身の顔となるので、誤字脱字がなく、汚れが付着してしまわないようにしないといけません。職業上の経歴は、職務履歴書にて余すところなく記入しなければならないので、履歴書で人間性をしっかりアピールしておくことです。職務経歴書を書く時は、これまでの医療実績と、自身が培ったスキルや担当した症例数をしっかり記載することです。具体的なエピソードや数字を入れるとよく、採用担当者に伝わりやすくなります。職務経歴書は、文字数が膨大になるので、ワード等で作成すとよいでしょう。数字は最も客観性のあるデータなので、採用する側が重視します。担当した症例を書くだけではなく、どれくらいの症例を担当してきたのか、数字を具体的に明記することです。その際、具体的なエピソードがあればよく、具体性のある話を盛り込めば、読んでいる人がイメージしやすくなります。精神科医が職務経歴書を作成する場合、単に今までのキャリアについて羅列をするだけでは頂けません。ポイントは、今まで医療活動をしてきた中でどのようなスキルを身につけることができたのかを書き記すことが大事です。

 

 

転職時に必須!精神科医面接時のポイント

 

精神科医の場合、転職する時面接対応力が求められます。
精神科医の面接時のポイントは、精神科で最も重要で応用が利く、統合失調症の診断と治療能力が長けているかどうかになります。統合失調症を診ることがすべてのスキルを向上させると言われているからです。統合失調症と進行麻痺の患者を診ることが、精神科医としてのトレーニングとして重要であるとされています。精神科医の面接の際には、得意なジャンルは、平凡な統合失調症、躁うつ病、うつ病の治療と書いておくとよいです。平凡な統合失調症や躁うつ病でも治療に苦しむことがあるので、この2つが満足に診れなくては、精神科医とは言えません。とにかく、精神科医は自由度の高い治療を心がけないといけないので、自由度が高いかどうかは、面接時の大きなポイントになります。バイオリズムが観察できる程度のボリュームで治療できるかどうかが問われます。精神科医と言うのは、基本的に人好きでないと務まらないので、その辺のところも面接時のポイントになります。できれば、人生経験が豊富であることが望ましく、エリートコースを最短経路で真っ直ぐ育ってきたような先生よりも、経験豊かな人が好まれます。